tobenicer

ひとりごと

バイト

居酒屋でのアルバイトを始めた。

キャバクラでもバイトしてた。

いつしか完全に夜型の生活になり、明るくなってから寝て、暗くなる頃に起きる…ってゆうのが当たり前になってしまって、学校もかなり休んだ。

 

本当貯金しておくべきだったなぁ。

 

そんで居酒屋の人とかキャバクラのお客さんとか、色々恋をしたりして。

またどんどん落ち込んだしりて。

 

寂しい気持ちを埋めたいのに、なかなか上手くはいかなくてねぇ

 

負のループにどっぷりハマり。

 

泣きながらタバコ、泣きタバコ。

もう私が吐く息は全てタバコなんじゃないかってくらい。

 

病んだな。人生三大病み期のうちのひとつ。

 

何回も死んでしまいたいと。

この頃は毎日そんなことばっかりで。

 

そんなに落ち込んでいる時でも、タバコは呆れずに隣に居てくれたんだよね。

 

友達にはさらけ出せない部分もたくさんあったけど、タバコは全部知ってるんだよ。