tobenicer

ひとりごと

出会い

彼との出会いは10年ほど前…

同じ学校の子にマルボロメンソールライトをもらったのが始まり。

最初はまずかった…ってよく皆言うけど、あんまりそんな記憶はないんだよな。

むせた、でもしっくりきた、なんかそんなイメージだった気がする。

 

毎日消えたいって思ってた頃で、今考えればなんであんなに落ち込んでたんだろうと思うけど…本当なにも考えたくなかったんだよなぁ

これから起こる環境の変化に怯えて自分の殻に完全に引きこもってしまった。

 

友達にも相談できず、親にも相談できず、夜、川に一人で出かけてプカプカしてる時だけが落ち着ける時間でさ。

 

そこから、おタバコへの依存の始まり始まり。

禁煙への決意

30歳の誕生日を機に禁煙します!

 

禁煙を真剣に考えた時に、ただ吸いたい衝動を我慢するということよりも、今まで辛いことを一緒に乗り越えてきた相棒を失うような不安感がすごくて、自分がタバコに依存しているんだなということを改めて痛感。

 

気持ちを整理するために、前使ってたブログを検索したけどログインできず…

 

まぁ心機一転頑張ればいいかな。30になることだし、20代のことは全てまとめて引きずらないよう整理し、それをベースに素敵な30代を!

 

ということで、ちょっと脱線したけど、まずなぜタバコを辞めたいかってところから。

 

まずひとつはお金の節約。

これは低所得者にとっては結構切実な問題で、現在はだいたい2日で1箱、1ヶ月に約15箱、メビウスさんは1箱440円だから月に約6,600円という支出。

昔と比べると約半分くらいにはなったけど、7千円近くあれば他にももっとできることあるよね。

 

続いて、周りにタバコを吸う人が減ったという現実。

これも結構大きくて、今一緒にいる友達の中でも職場の中でも、喫煙者は自分だけ…やっぱり気を使うし、気を使いながら吸うのもなんか…ねぇ。

 

そして何より、この決意に至った一番のキッカケは健康面。

今現在、子宮頸がんの検査を定期的に受けに行っているのだけど、3ヶ月後も今の状態だったら大事をとって手術しましょうってことになってしまった…

子宮の入り口を大きく削り取る手術…だそうな…

そして喫煙はガンのリスクをあげるんだってさ。先生言ってた。

 

最後のだけでも禁煙するには十分過ぎる内容だよね…うん…がんばろ…

そんな今も、これ書きながらタバコを吸っている私…

 

禁煙まであと…日付変わっちゃったからあと4日…

今までの思い出とともにタバコくんと歩いた12年間を振り返ってみようと思ってたのだけど…4日でできるのだろうか…

 

とりあえずこれを決意表明としようかな。

きんえんするぞ!するんだぞ!